水道の修理や工事を依頼する前に知っておきたいマメ知識

水道の修理や工事を依頼する前に知っておきたいマメ知識 水のトラブルといってもさまざまな種類があり、トラブルの規模も小さいものから大きなものまでいろいろです。蛇口 交換によってトラブルが解消できることもありますし、場合によっては工事も修理も大掛かりになるケースも珍しくありません。
水のトラブルは私たちの生活に身近なものなので、いつトラブルが起きても冷静に対処できるようにお役立ち情報や豆知識などを確認しておくことは大切です。水のトラブルによって水が使えない生活になると大変なので、自分の生活を守る意味でも必要なことです。

■蛇口で水トラブルが起きたとき

蛇口をひねれば水やお湯が出る状態は当たり前ではありません。毎日何度も使う蛇口ですから、使うたびに負荷がかかっています。そのために蛇口がどんどん老朽化していき、いずれは蛇口 交換が必要になる可能性もあるのです。いま目の前で蛇口が壊れてしまったら、修理が終わるまで水もお湯も使えません。生活が不便になってしまいます。
水のトラブルが100%起こらない状況を作るのはとても難しいことですが、トラブルが起こる前にある程度予備知識を頭の片隅に置いておくだけでも、トラブルが起こる可能性を低くすることができます。蛇口はいずれ老朽化するということを前提にして、老朽によるトラブルが起こる前に蛇口を交換するのも方法の一つです。場合によっては部品の交換だけで対応できることもあります。

■日本には水に関する法律がある
水道工事とにはさまざまなタイプがあります。それらを安全に行ってくれる優良業者はすべて、日本の法律に基づいて営業している指定業者です。まだまだ知らない方もいるようですが、日本には国が定めた水に関する法律があります。私たちの生活の安全を確保するための大事な法律です。そのため、日本で水道工事を行う際には、その法律に基づいて修理を行う必要があります。
そこで登場するのが指定給水装置工事事業者です。聞きなれないネーミングにピンとこないかもしれませんが、日本で水に関する修理や工事を行う際には、それぞれの自治体に登録をして、許可された業者だけが指定給水装置工事事業者として営業することができます。
裏を返せば、指定給水掃除工事事業者に登録されていない業者は工事を施工することはできないのです。水回りの修理や工事を依頼するときは、必ず指定業者に依頼することが重要です。指定業者の情報は各自治体で運営するホームページでも確認することができます。

■どうやって悪質業者を見極めたらいいのか

水道工事に携わる業者はすべて優良業者というわけではりません。中には悪質な業者も紛れ込んでいます。最近はとても手が込んでいるので、運営しているホームページをみるとデザインも凝っていて、とても悪質な業者に見えないこともあります。ところが、優良業者のホームページと見比べると、明らかに大きく違うところがあるのが分かります。
悪質業者は料金をだまし取るのが目的なので、料金に関する情報が不透明のところが多いのです。一度も水のトラブルで修理を依頼した経験がないと、どれが本当の情報で正しい情報なのか見極めが難しい場合もあります。優良業者と悪質業者にはどんな違いがあるのか、悪質業者の特徴を改めて確認しておきましょう。

■まとめ
実際に水のトラブルが起こってはじめて、もっと情報を確認しておけばよかったと後悔する方は少なくありません。水回りの修理には必ず料金が発生しますし、トラブルが改善するまでは水回りが使えなくなって生活が不便になります。そんな時に悪質業者に騙されてしまうと、精神的なダメージは予想以上に大きいですから、後になって悔やまないように水のトラブルに関する豆知識以外に、業者を選択する時に役立つ情報も目を通しておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース